フィナステリドと一緒に

白い錠剤

ミノキシジルを配合した育毛剤で行う育毛……ですが、そこにもうひとつフィナステリドという育毛成分をプラスすることで、育毛はもっとはかどります。
フィナステリドとミノキシジルの相乗効果で、よりしっかりと髪を生やし、育てることができるのです。特に、薄毛がけっこう進行していてもう地肌がかなり広く見えている、つまり「ハゲ」に限りなく近づいているというとき、ミノキシジルとフィナステリドを併用する育毛が効果を発揮するのです。
フィナステリドは、プロペシアという名前の育毛剤の主成分として知られています。プロペシアは飲み薬で、この薬は男性ホルモンに影響を与え、男性ならではの脱毛症が進行するのを防ぎます。
そもそもAGA(男性型脱毛症)は、DHTという「男性ホルモンの変異体」が引き起こすものであるという説があります。
テストステロンという男性ホルモンが、「ホルモンを変化させる」という役割を持つ酵素と接触することによってDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化します。そしてDHTは毛乳頭細胞という毛根部にある細胞に働きかけ、新しい髪を生やさないように、という指令を与えます。それによって、薄毛が進行してしまうのです。
プロペシアに含まれるフィナステリドは、テストステロンと酵素が接触するのを阻害して、DHTが生まれないように仕向けるのです。
DHTが作られなくなり、さらに頭皮の血行が促進され、よりしっかりと育毛ができるようになる、そんなメカニズムがあるのです。

Page Top