ロゲインがオススメ

カプセルタイプの薬

ロゲインだけが「ミノキシジルを配合した育毛剤」ではありません。
ほかにもさまざまなタイプの「ミノキシジル配合薬」が存在しており、たとえばミノキシジルタブレットという錠剤タイプの育毛剤があります。
ロゲインは塗り薬ですが、ミノキシジルタブレットは錠剤、というわけでパッと見、比べてみるとどっちかというとタブレットのほうが服用しやすいような感じがあるかもしれません。錠剤をポンと口に放り込めば、ミノキシジルが体内をめぐって頭皮の環境を整えてくれるのです。
とはいえ、タブレットの場合「体内をめぐる」というのがネックでもあります。ミノキシジルは頭皮だけでなく、たとえば腕や胸、スネなどもめぐります。要するにそれらの部位の毛も育ててしまう可能性があるのです。
しかし、ミノキシジルを直接、頭皮に塗って浸透させるロゲインであれば、そのような副作用は起こらないでしょう。
そういう意味で、ここではあえてタブレットではなくロゲインをオススメしているわけです。

もちろん、「体毛が濃くなる」というタブレットの副作用は、「起こる可能性がある」というだけですべての人の体毛が濃くなるわけではありませんし、いきなり欧米の男性並みにモジャモジャになるというわけでもないので、その点を不安に思い過ぎる必要はありません。

Page Top