頭をかける男性

確実な育毛成分

色んな種類の薬

髪の量が減ってきたときに役立つ育毛成分、そのひとつをここで紹介したいと思います。その名はミノキシジル。
世界で最も薬効成分に厳しいと言われる日本の厚生労働省もミノキシジルには認可を与えています。
この成分はアメリカで発見され、最初は高血圧の人のための薬効成分として研究が進められていました。しかし血圧を下げる効果だけでなく育毛効果もあることがわかって、急きょ、育毛成分としての研究がスタートすることになりました。アメリカでミノキシジルを配合した育毛剤「ロゲイン」が開発されたのは1980年代の半ばのことで、日本では1990年代になって認可を受けることになりました。
それ以後、日本でもアメリカのロゲインにならい、ミノキシジルを配合した育毛剤が作られ、販売されることになりました。

しかし日本の「ミノキシジル育毛剤」は、ドラッグストアで購入できるというお手軽さは見逃せないものの、そのかわりに結構価格が高くて「安く育毛していきたい」という人にとってはちょっと合わない薬となっています。一方、ロゲインは日本のミノキシジル育毛剤よりも安く、3分の2ほどの価格で購入することができます。というわけで、「せっかくなら安く育毛できたらいいなあ」という人にとって、ミノキシジル育毛剤は日本のものより海外のものに注目したほうがオトクなのです。
海外のミノキシジル育毛剤であるロゲインを購入するには、個人輸入をサポートしている通販サイトを利用する必要があります。ロゲインは日本のドラッグストアでは販売されていないので、海を越えて取り寄せる必要があるわけです。通販サイトは日本語表記になっているので、「個人輸入」という言葉からパッと想像してしまいがちな「面倒そう……」ということは気にしなくても大丈夫です。誰でも気軽に利用し、購入できるのです。

ミノキシジルの役割

薬シート

信頼できる育毛成分、ミノキシジルですがその働きとは具体的にはどのようなものなのでしょうか?ここでは、この成分が髪をしっかり育て、フサフサヘアを実現するまでの流れを説明します。

» 詳しくはこちら

ロゲインがオススメ

カプセルタイプの薬

ミノキシジルを配合した育毛剤には、ロゲインと違って錠剤タイプのミノキシジルタブレットなどもあります。経口薬なので手軽に服用できますが、それでもやっぱり「ロゲインがオススメ」と言えます。

» 詳しくはこちら

フィナステリドと一緒に

白い錠剤

ミノキシジルとともに、フィナステリドという成分を一緒に使うと育毛はよりはかどります。フィナステリドとミノキシジルの相乗効果で、髪をしっかり生やすことができるのです。

» 詳しくはこちら

Page Top